2018年6月19日火曜日

お休み

明日から8日間、大磯のプリンスホテルでの合宿となる。 Drトム・シェーバーのもとでバイオダイナミクスを学んでくる。 ここでは見えないものが大切なことを学んでいる。 生命を司っているエネルギーを体感することで生命の尊さを知る。 このセミナーを終えると3キロ位太るが「謙虚さ」が身につく。 治療家が治しているのでなくて患者さん自身の体が自ら治っていることに気がつく。 すごいもんだなと感嘆する。 朝食がバイキングで、夜は飲み会のために太ってしまう。 家に返ってからダイエットが待っている、そんなセミナーに参加してくる。

2018年6月18日月曜日

母の誕生日

日曜日の夕方に母の誕生日を家族で祝った。 6月19日が誕生日なのだが、家族の都合で2日前倒しで行った。 テーブルには、お寿司やアンコウの肝和えなど母親の好きなものが並んだ。 母親は84歳だがお酒が飲めるのでビールで乾杯した。 一通り食べた後に、家族からプレゼントを渡したら喜んでくれた。 ケーキにはろうそくで84の文字が浮かび上がった。 母親が  「こうやって祝ってくれてうれしい!」 といって喜んでくれた。  誰のために!   何のために!    働いているのか? の答えが出た瞬間でもあった。

メバル料理グランプリ

17日、お昼に中泊町役場に向かった。 会場には、すごい人が出ていて駐車場が満杯だった。 「中泊メバル料理グランプリ2018」に遠方の方も来ていた。 町特産の「メバル御膳」が3周年を迎えたのを機にメバルに親しみを持とうと開催された。 会場では、新商品を創作した10店舗が出展していた。 2つのテントの前にすごい行列ができていた。 一度行列に並んだが、待っていられなくて、すぐに購入できるテントへ向かった。 おそば、カレーうどん,つみれ丼を購入して食べた。 一品に必ずメバルが工夫されて使われている。 青空の下で食べるとおいしさも倍増する。 満足してトレイを片づけた後は投票所へ向かった。 グランプリは、にこごりワンタンラーメンが獲得した。 メバルという魚から文化が発信されている。 中泊町が元気になれる催し物でした。

2018年6月16日土曜日

久しぶりの

久しぶりに岩木山が姿を現した。 中泊町からは富士山の形をしていてかっこいい。 ここ1週間寒くてストーブが必要だった。 まだヤマセが続いて肌寒いが青空が広がっている。 岩木山の頂上の白い部分がかなり少なくなった。 そんな岩木山に向かって  おはようございます! 生かさせてもらっていることに感謝! 今日も元気な1日になりそうだ。

2018年6月14日木曜日

あたた!

今朝、目が覚めた時に左のふくらはぎに変に力が入った。 その瞬間、左ふくらはぎがこむら返りを起こした。 スゲー痛い。 ふくらはぎの筋肉が切れそう。 しばらく激痛に顔がゆがむ。 いつも患者さんから話を聞いて治療していたが!  ヤマセで寒さのせいか!  疲れのせいか!  はたまた年のせいか! わが身に降りかかるとは…。 これは真摯に患者さんのことを思って治療しなさいという教えなのか!  

体験談(40代経営者)

「せっかく青森に来たので、 小野先生いるかなーと思い、青森市久須志にある「小野治療院 こころtoからだ」に寄って来ました。えーちゃんこと小野先生の顔を見に寄っただけのつもりが、体験していくか?と言われ、施術して頂きました。 はっきり言って、ゴットハンドすぎて笑えるくらい凄いです。 施術してもらった後、こんなにエネルギーがみなぎる感じは10年以上前に体験して以来の感覚です。 姿勢を見ていただいた時は、いいねー。 というお言葉を頂いたのですが、体を触ってもらったら、腰が悪い。体(皮膚)がぶよぶよだね。これは、引きこもりの子とか登校拒否をしている子はからだがぶよぶよだったりするんだけど、ストレスが常にある状態が長く続くのが原因だよ。コーヒーよく飲む?はい飲みます。1日5杯以上飲むでしょ?はい。大好きです。コーヒーのカフェインで、一時的に疲れている体のテンションを上げるけど、2時間後に切れるからまた、飲みたくなる。 血糖値みたいに乱高下すると体に良くないよ。 コーヒーを飲まないことをすぐ決意。車にあったコーヒー捨てました。 去年からジムにも行き始めたし、自分は割と健康な方。ヤクルトも飲んでるし、野菜大好き。気も使っている。 でも、課題は薄々感じていた。。 僕の欲しいものの一つに、疲れにくい体エネルギッシュに生きたい。というものがあります。 今日は本当によって良かったです(*^▽^*) 小野先生ありがとうございました!!」

2018年6月13日水曜日

笑顔

今朝、治療開始時間前に70代のご婦人が入ってきた。 どうしてこちらへと聞いたら、温泉中に背筋がシャキッとしている人に、腰が痛いので、どこに行っているのと聞いたら「小野治療院」と答えてくれた。 場所を聞いて、バスで30分ほどかけて市内に入り、確か踏切のそばにあるはずと探したら見つかった。 何のお仕事をしているの聞いたらホタテの養殖を長年やってきた。 真夜中に海に出ての過酷な作業をしてきたので体は年齢以上にボロボロ! 腰は曲がっているし膝はO脚になっている。 今までどれだけ頑張ってきたかが体に表れていた。 整形外科のお薬を長年服用しているとのこと。 治療していったら「あずましい」と納得してくれた。 次回の予約はどうしますかと聞いたら、天気が良いと通えないので電話するとのこと。 ここ2~3年ホタテの価格が良いので頑張りがいがあると笑顔で帰っていった。 長年頑張ってきた人を応援できて自分も満たされた。